傷跡やニキビ跡、妊娠線や火傷跡など肌に関するお悩みに有効的な塗り薬ですが、日焼け止めの効果も期待できますので、ぜひチェックしましょう。

抗酸化作用のあるセバリンなどの有効成分が配合されていて、肌の炎症を抑制したり、傷ついた肌を柔らかくして補修してくれますので、肌に残る傷跡が気になる方にオススメですよ。

使用する前に医師や薬剤師に相談して、1日3回ほど気になる患部に擦り込むように塗って使用しますが、新しい傷なら1〜2ヶ月、古傷なら3〜6ヶ月で効果が表れるそうです。

時間をかけることにより、だんだんと傷が薄くなっていくため継続的な使用が必要ですが、副作用として肌にかぶれや赤みが出た場合には使用を中止するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る