個人輸入代行を利用するメリットとデメリットとは?

個人輸入代行では、海外で販売されている薬を手に入れる事ができますが、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

個人輸入代行のメリットは、病院や薬局に行かなくても処方箋がなくてもネットで簡単に薬を購入できるという点と、日本で認可されていない薬を手に入れられるという点、さらには薬によっては保険適用じゃない医薬品が安く手に入る点です。

個人輸入代行のデメリットは、自己責任になるためよく調べてから購入する必要がありますし、粗悪な偽物が手元に渡る可能性があり、自己判断で疾患を決めつけて薬を購入すると副作用に悩まされるリスクがありますよ。

海外との取引になり、医薬品のパッケージにも外国語が書かれているため、言語の違いによるトラブルが発生する事が考えられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る